ゆづの投資ブログ

企業分析と小型グロース株投資について

中期投資のすすめ

f:id:yu_du:20190506182442p:plain

中期投資が良いと考える理由

こんにちは、ゆづ(@yudu_kabu) です。

私は銘柄を購入する際、中期で保有することを前提に投資しています。理由は1つ「資金効率が良い」からです。

デイトレ」や「長期投資」という言葉はよく聞きますが、どうしてか「中期投資」という言葉は殆どと言っていいほど聞きません。中期の定義が曖昧なのと、中期投資してます!と公言する人が単純に少ないからでしょう。ただ、長期保有を前提としていても、中期で売却される方は沢山いるように思います。私も同じように、中期投資のつもりで銘柄を購入し、結果的にスイングのようになることは往々にしてあります。ここでは仮として、投資期間を以下のように定義しておきます。

■スイング・・数日~数週間

■中期投資・・数週間~1年

■長期投資・・3年以上 

 

長期投資のメリット・デメリット

投資の時間軸としては、「長期投資」が王道の投資方法として説明されることが多いです。なぜなら企業(市場)の成長と、配当・優待による株主還元を考慮すると、長期投資はプラスサムゲームで平均的に勝ちやすいからです。また、外部要因で乱高下する株価を短期的に予想するよりかは、企業の将来的な業績を予想するほうが的中する可能性は高いといえます。

そのような長期投資が安定して利益を出しやすい中で、あえて中期投資が良いと思うのは、資金効率的に無駄な期間が少ないからです。

f:id:yu_du:20190424203657j:plain

例として、上のグラフはある個別銘柄における3年間のチャートです。3年間まるまる保有すると資産は2倍になりますが、途中様々なインパクトを受けて暴落している局面があります。このように、企業が成長するための投資・M&A等、ポジティブな理由による一時的な減益であっても、株価は下落します。この先行投資等の期間がつくことが多いため、資金効率が悪いと考え、長期投資を基本的に避けています。(例外もある)

 

中期投資について

一方、中期投資ではグラフの上昇部分だけを取れば、1年間の投資で2倍を達成することが出来ます。そんな簡単なわけない!と思うかもしれませんが、決算資料を読み込むことで、「割安な株価」にも関わらず「好決算/予想」を出しそうな銘柄を予想することは可能です。もちろん、100%的中の予想はあり得ませんが、決算資料からヒントを見つけ出し勝率を上げることで、資産を大きく増やすことが出来ます。

例えば、最近では「パイプドHD」は予想をしやすい決算でした。サブスクリプション型のビジネスで、特に大きな投資をしなければ高収益の企業ですが、直近2年間は人材の大量採用で減益・下方修正しています。その結果、決算前の株価は850円と、去年高値の半分程度まで落ちていました。ここで中長期経営の説明資料を確認しておけば、来期は利益の回収フェーズに入ることを予想し、控えめに来期利益を見積もっても明らかに「割安な株価」であることを認識できたはずです。パイプドHDが出した高い来期予想を実現できるかという問題がありますが、これは中期投資を前提とし、次の決算までに売却することでリスクを避けられます。

 

割安な時には買い、株価が妥当な域で売却することを繰り返し、あえてガチホールドはしません。長期保有し続けることで更に上昇することもあります。しかし、株価が上がり割安さが薄れている分、決算のハードルは上昇し、総合的な期待値は下がります。逆に言えば、一時的な理由で下方修正を繰り返したような銘柄は、決算自体が悪くても来期の予想だけで暴騰するので、総合的なリスクは低く高い期待値を見込めます。もし、売却した傍から暴騰した時は、断腸の思いで上昇を見送るか、特別な思いがある銘柄に関しては長期枠として保有するのもありかもしれません。

最後に

自分の考えを文字に起こして整理したかった!という思いが第一にあるので、参考程度にしてください。絶対良い!といえる投資方法はなく、それぞれの人にあったベストなやり方があると思います。ぜひ、皆さんの投資方法も教えてください^^ 今度は、銘柄の割安さを考える基準や、中期投資に向いた銘柄の探し方に関する記事も書いていきたいです!よろしくお願いします!